ドッグフードに塩分の量はどれくらいが適当?安全面の事を考える飼い主さんへ

ドッグフードを愛犬に与えるときに心配になるのが塩分量

ドッグフード.塩分

塩分が多いと体に悪そうだし
どれくらいの量であれば犬の健康に負担がないのか知りたい方は
ここをご覧ください

安全な塩分量

子犬では0.3%、
成犬は0.08%

が基準だといわれています
これ以上とってしまうと、犬の体に悪い影響があります

塩分の犬に与える良い影響

ドッグフード.塩分

ドッグフードに塩分がなぜ配合されているのかといえば

 

味がおいしくなる
ドッグフードの腐敗予防

といった点があります
やはり、犬のおいしいほうが食べてくれますので
愛犬家としては必要最低限の塩分が入っているものの方がいいですね

 

塩分の犬へのデメリット

塩分を取りすぎると体の中の水分を必要以上に
外に出してしまうリスクがあり
脱水症状などの問題があるので気を付けたいですね。

 

また同時に口の中も乾いて、口内環境が乱れ
歯周病、口臭の原因になります

 

犬の口臭を予防するなら?

獣医さんも奨励の
ドクターワンデルがおすすめ

 

犬にペロッと舐めさせるだけなのでとっても簡単に
犬の口臭予防ができます

 

ドクターワンデルの激安の販売店についてはこちらから

 

関連記事
ドクターワンデルが激安販売店!お口のトラブルで困らないのトップページに戻ります

TOPへ